2011年9月11日 (日)

ボリビアレポートVOL6

1109111

アグロタケシのゲストハウスで1泊し、次の日の朝食時マウリシオさんがフレンチプレスで今年収穫されたアグロタケシのコーヒーを入れてくれました。
農園のオーナー自らがいれてくれたコーヒーは美味しさも最高。
パンやフルーツたっぷりの朝食にお腹も満たされたところで農園巡りに出発です。

こんな道をピックアップトラックの荷台に乗り込み切り立った崖の道を上っていきます。

1109112

アグロタケシはいつくかのエリアに分かれていまして今日見せて頂くエリアは標2250m。
世界中見回してもかなり高い位置にある農園ですね。
標高が高いせいか雲がとても近い感じます。
空も快晴で真っ青。

1109113_2

農園に到着しマウリシオさんの説明を聞くと糖度が高いので普通は透明なムシラージ(コーヒーの実に付いている粘液質)が黄色い。
有機の層が地表から1m〜1.5mあり土がふかふか。
山に囲まれた谷にあり日当りが良く日照時間が長いなどなど。

1109114_4

いろいろな条件が重なりアグロタケシの、このエリアのテロワールが作られているのがよくわかります。

昨日見せて頂いたカップオブエクセレンスのチャンピオンロットが出たエリアは標高1960m〜2100。
こことは条件が全然違うんですね。
あちらとはまた違う特徴のあるコーヒーがこのエリアから出たそうです。
農園から見える万年雪を冠った山はムルタラ山。

1109115

何と標高7000m級だそうです!

これで2つのエリアを見学しましたがここよりさらに高い2400mと2600mのエリアも開拓中。
アグロタケシの挑戦は続きます。

1109116_2

農園の見学を終え山を下りマウリシオさんお手製のパエリアをごちそうになり(これがめちくちゃ美味♪)いよいよアグロタケシとお別れです。
1泊と短い滞在でしたがとても濃い時間を過ごせた事をお世話になったみなさんに感謝します。
アグロタケシの美味しさがどこから来るのか見て感じた事はお客さんにしっかりと伝えていきたいです。

この後再びとてつもない悪路を走り数時間。

1109118

4日ぶりにラパスに戻ってきました。
ここで丸山さんを代表に今後の買い付けに対しての話し合い。
世界的に見ても貴重なアグロタケシが来年以降もが我々の元に入ってくる事が決定しました。

1109117_4

旅の始めから丸山さんにはお世話になりっぱなしですがここでも大きな仕事をしてくださり本当に感謝です。
ありがとうございました。
写真はマウリシオさんからタケシのポロシャツをプレセントされ喜ぶの図(笑い)

この後サンタクルーズまで飛びホテルに一泊。

1109119

翌日ブラジルに向かう丸山さん、横井さん、伊東さんと空港で別れ一人日本への帰路に着いた関口です。

長らくボリビアレポートにお付き合い頂きありがとうございました。
もっと簡単にまとめる予定だったのですが書き出したらいろいろなエピソードが思い起こされ長くなってしまいました。
今回買い付けたコーヒーは来年の春以降になると思いますが楽しんで頂く予定です。
少し先の話ですが首を長くして楽しみに待っていてください。

11091110

今アグロタケシを飲みながらこれを書いていたのですが酸の質、風味、クリーンさなどとても素晴しく農園に吹いていた風や太陽の光、土の匂いそして出会った人たちをリアルに思い出します。
スペシャルティコーヒーは from seed to cup 種から目の前にあるコーヒーが入ったカップまで全て繋がっていないと美味しくなりません。
久しぶりの産地行きでしたが改めてこの言葉の大切さを理解した。
そんなコーヒーを巡るボリビアの旅でした。

また行くぞ!
ボリビア!!

|

2011年9月 3日 (土)

ボリビアレポートVOL5

1109031

ボリビアに来て3日目の午前中。
カラナヴィを後にし、コロイコを経てアグロタケシのあるヤナカチの村へ車で移動です。
2日前にカラナヴィに向かう時は夜だったので景色が見えずどんな所を走っていたのかわかりませんでしたが帰りは昼間。
こんな所を走っていたのかとびっくりです。
舗装のされていないでこぼこで対向車とぎりぎりすれ違える位細い峠道にはガードレールがありません。1109032_2

窓の外は切り立った崖で遥か下に渓流が流れています。
そんな道を数時間かけコロイコへ。
途中寄ったレストランは川を渡った向こう側にありました。

1109033_2

この橋がすごいんです。
アンダーメンテナンスなので一人ずつ渡れと・・・(笑)
日本だったらありえませんね。
橋には思わず笑ってしまいましたが食事はとっても美味でした。
2皿がっつり食べお腹が満たされた所で移動再開。

1109035_3

さらに数時間走りようやくアグロタケシのあるヤナカチ村に到着です。
早速農園オーナーのマウリシオさんとマリアナさんに農園を案内して頂きました。
写真はコーヒーの苗木の前に立つマウリシオさん。
アグロタケシは2009年にボリビアで開催されたカップオブエクセレンスでチャンピオンに輝いています。
丸山珈琲さんを代表に私たちのグループで落札しましたのでこの時に飲んで頂いたお客さんも多いのではないかと思います。

1108036

そのチャンピオンロットが採れたエリアが左の写真です。
この時は夕方でかなり暗くなっていたのですが愛機リコーCX4(単なるデジカメですが)良い仕事をします。
ばっちりとコーヒーの木が写っていました!

この日の晩はマウリシオさんお手製の料理を頂き1日終了。
次の日はさらに標高の高い所にある農園を巡ります。

|

2011年8月17日 (水)

ボリビアレポートVOL4

1108172_2午前中のカッピングの後ランチを食べてから農園を訪問する為に出かけました。
カラナビィの街を通り抜け車で山の中に入って行きます。
30分もオフロードを登ったでしょうか。
標高1,500mに位置するマルセリーノ・カタリー農園の入り口に到着です。

お聞きしたところによるとこちらの農園は2008年に行われたボリビアのカップオブエクセレンスで6位に入賞していまして、その時はグループでのエントリーでゴロンドリーナという名前でカップオブエクセレンスのwebに記録が残っています。1108173_2
素晴らしい!

雨が降った後の湿った土の急斜面はとっても滑りやすく何かに掴まらないと足を踏み外しそうになります。
ゆっくりと慎重に登って行き農園を通り抜けると農園オーナーのマルセリーノ夫妻が出迎えてくださいました。
1108174_2日本からのお土産に万華鏡をプレゼントしたのですが、我々にとっても懐かしくみんなでぐるぐる回して遊んでいました。
もちろんとっても喜んでくださいました。
写真は万華鏡を手に取って穏やかに笑えむマルセリーノさんです。

農園に植えられているのはイエローカツゥーラとレッドカツゥーラ。
100%オーガニックで育てられています。
たわわに実ったコーヒーの実がみごとでした。1108175_2

農園を後にした一行はアグリカフェに戻り3セッション目のカッピング。
こでも10ロットのコーヒーが出てきましたので1日で30カップした事になりますね。
先ほど訪問したマルセリーノ・カタリー農園のロットがこの中にありました。
しかも3セッション目の1位です!
発表後に「おー」という声。
みんなのテンションが一気に上がった瞬間でした。

これでこの日の予定は全て終了。
明日はカラナビィからアグロタケシ農園のあるヤナカチに移動です。

|

2011年8月14日 (日)

ボリビアレポートVOL3

1108141_2

カラナヴィではペドロさんの会社アグリカフェのゲストハウスに2泊お世話になりました。
地域の生産者がチェリーを持ち込み深夜までウェットミルが回っているのを昨晩みていましたがチェリーの皮を向いた後、乾燥させるドライミルやパティオが山の斜面に配置してあります。

1108142_3

その一角にある建物にカッピングルームがありここで午前中に10ロット×2セッションのカッピングを行いました。

良いものはきちんと評価してあげなければ真剣にスペシャルティコーヒーに取り組んでいる生産者に申し訳が立ちません。
生産地で行うカッピングでは特にその事をリアルに感じます。

1108143そんな思いを込めてのカッピング。
そしてカッピング終了後は各自が付けた評価表を基にみんなでディスカッションです。
私たちの為にペドロさんが良いものを揃えてくださっているのでどれも素晴しいコーヒーばかりです。
その中からさらにディスカッションにより厳選したロットはCOEのスコアで90点くらいのものがいくつもありました。
来年になりますが素晴しいカラナヴィ産のコーヒーをご紹介しますので楽しみに待っていてください。

すでにレポートもVOL3。
ちょっと遅くなりましたが今回いっしょに行ったメンバーのご紹介を。
右から桐生の伊東屋珈琲伊東さん、札幌の横井珈琲横井さん、アグリカフェのペドロさんを挟んで軽井沢の丸山珈琲丸山さんです。

さて、午前中のカッピングが終わり農園の視察に出発です。

|

2011年8月 7日 (日)

ボリビアレポート VOL2

1108071

エル・アルト国際空港まで迎えに来て頂いたペドロさんの車に乗り込みラパスの街へ。
途中でアグリカフェのドライミルを訪問しました。

高地でふらふらの我々にコカ茶のサービスが。
ラパスやエチオピアなど標高の高いエリアでは旅行者が高山病にかかりやすい為振る舞われるみたいです(普通にティーパックのものが流通している様です)初めて飲みましたが正直効いたのかどうか・・・わかりません(笑)

1108072_4

倉庫の中ではベルトコンベアーを使い生豆の選別作業中でした。ちょっと失礼して写真をパチリ。
この後袋に詰められて出荷されていきます。

ドライミルを視察した後、いよいよ生産地に向けて出発です。
標高4000m以上のラパスからさらに上がり4500mオーバーの峠を越えてカラナヴィへ。
途中、舗装道路から土の道に変わりでこぼこ道を揺られる事8時間以上。
実は夜で暗かった事やほとんど寝ていたのでよくわからなかったのですが大型のバスやトラックが来るとすれ違えない様な舗装されていない道を延々と走っていたみたいです。

1108073

少し広くなった道幅のところで対向車とすれ違いながらなのでなかなか前に進みません。
渋滞していなければこんなに時間がかからなかったのだと思いますがとにかくカラナヴィは遠かった(ほとんど寝ていても遠かった!)

ようやくたどり着いた時は夜中12時を過ぎていましたがこんな時間にも関わらず生産者の方たちが収穫したコーヒーチェリーを車で運び込んでいました。
持って来たコーヒーチェリーはすぐにウェットミルへ。
この後深夜の食事を頂き部屋に戻ってもまだ作業していましたのでいったい何時まで仕事をしてい
1108074_3るのか。
本当にご苦労様です。
部屋に戻った後日本に到着の連絡を入れ
ネットに繋ごうと思ったのですが移動に次ぐ移動でくたくた。
シャワーを浴びベッドに入りました。

日本を出発してから2日以上かかりましたがようやく第一の目的地であるカラナヴィに到着です。
いよいよ明日から活動開始。
カッピングと農園巡りの始まりです!

|

2011年7月31日 (日)

ボリビアレポート VOL1

1107311

7/21〜28日まで出張で南米ボリビアまで行ってきました。

日本人にとってあまりなじみのない国かもしれませんが近年素晴しいコーヒーを生産している事で評価が高まっていましてめいぷるのコーヒーを語るのにも欠かせない大切な国の一つです

これから何回かに渡り出張報告を書いていきますのでよかったらお付き合いください。

成田〜ヒューストン〜ペルーのリマで一泊し、ボリビアのラパスに着いたのは出発から2日後。

110731_5

日本との時差-13時間ですが空の上で爆睡してきたので時差ぼけはなし(何時でも何処でも寝られるのは特技です)ただラパスは標高が富士山よりも高く4,000mを越えています。
空港から見える山はコーヒーの名前にもなっているイルマニ山。なんと標高6,439m!

そんなかつて経験した事もない高地。
気圧の関係か空気が薄いせいかなんとなく調子が出ません。
なるべくゆっくり動かないと酸欠になりそうな感じです。
渡航早々体調を崩しては大変なので行動は慎重に(車には酸素吸入用のボンベが!)

標高の高さ、6,000m級の山々。
スケールのデカさに圧倒されました。
凄い国だ!ボリビア!!

|

2011年2月20日 (日)

四国へ2

110221松山市内は路面電車が走っていたり大きなアーケード街があったり少しレトロな感じのすてきな街でした。
一泊の旅はあっという間に終わり夕方には松戸店に。
さて、また明日から日常のお仕事がんばります!

|

2011年2月19日 (土)

四国へ

110220松山から予讃線で壬生川のブランチコーヒーさんへ。
お仕事で四国まで行ってきました。

NHKで放送している「坂の上の雲」の舞台にもなっている所ですが観光はなし。
次は歴史的な場所を見てきたいですね。


|

2008年8月10日 (日)

水戸へ

今日は勉強会で水戸まで行って来ました。
大洗海岸へ向かう海水浴の人たちで渋滞が激しいかなと思っていましたが全然大丈夫でした。
松戸からだと近いですね。
現地まで90分程で到着。

勉強会はいつも通りカッピング、カッピング、カッピング・・・
これから入荷するコーヒーやカップオブエクセレンスで落札したコーヒーもカッピングしました。

9月から年末にかけてすばらしいコーヒーを沢山ご紹介できると思います!
楽しみに待っていてください。

|

2008年6月29日 (日)

初夏の札幌へ

味方塾の勉強会で札幌に行ってきました。
毎回ひたすらカッピングに次ぐカッピング・・・

とても疲れますが素晴らしいコーヒーとの出会いは胸がときめきます。
横井さん、岩井さん今回もお世話になりありがとうございました!

|

より以前の記事一覧